スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

訃報3件

更新=訃報ばかりで本当、気が重いです。
今うちにいる子たちは比較的誕生日が近い子が多く、ある程度の時期が来たら覚悟が必要だとは思っていましたが、まさかこんなに早く・・・。やりきれません。

8月22日にピーたん(享年1歳2ヶ月)

IMG_9776_20130827113558e36.jpg


8月23日にタルトくん(享年1歳7ヶ月)

IMG_6989.jpg


8月24日にみっちゃん(8ヶ月)

IMG_9783.jpg


が次々に亡くなりました。

ピーたんは最近痩せて来たなとは思っていたのですが、他に目立った症状が無かったので
ノーマークでした。

タルト君はそろそろ2歳(お店から迎えた子なので正確な月齢は不明)だから気をつけないと
と思っていた矢先の出来事。

なんと、みっちゃんに関しては子育て中の不幸でした。
8月13日に誕生した仔ハムは全部で6匹。
気がついた時には体から力が抜けていくまさに瞬間で、その時も仔ハムたちはしっかりと
お乳に群がって懸命に吸っていました。
引き離した乳首は吸われたままの形を残し・・・。
体を見ると、陰部に鮮血。
陰部なのか、尿路関係なのかわかりません。
辺りに鮮血のついた床材が落ちていたことから、異常出産なのか、病気なのか
わかりませんが、急性的に何かが起こったと思われます。

残された仔ハムは生後13日程度。
懸命にみっちゃんに変わって私が人工乳で育てています。

ピーたんとタルトくんは私の務めるお店からお迎えした子で、
ここの問屋さん出身の長毛ゴールデンはあまり長生きできません。
それを承知で私が一目惚れしてお迎えした2匹ですからある意味、仕方のないことなのかも知れません。

ただ、みっちゃんに関してはまだまだ1歳未満。
繁殖さえさせなければ普通に元気に暮らしていたと思われると
申し訳ないやら悔やまれるやら・・・。
みっちゃんはうちの血筋を残してもらうために友人宅からお嫁にもらった子。
うちにはみっちゃん以外繁殖に適していた子がいないことから、何の迷いもなく繁殖させたのですが
まさかこんな大きな落とし穴が待っていたとは・・・。
本当やりきれないやら、情けないやら・・・。

後、うちには白内障になったアイベリー君(2歳3ヶ月)、脇腹に腫瘍があるゴーちゃん(2歳2ヶ月)、お腹の調子が不安定な桃ちゃん(1歳3ヶ月)(毛玉を排出する時、腸内が荒れるのでひどい下痢をします)
と3歳を超えたジャービル2匹(片方は臭腺に腫瘍有り)
高齢ハムと、病ハムだけになりました。
(高齢ハム以外はちゃんと受診しているので心配ご無用です)

生まれた仔ハムは何とか育て上げてうちに残そうと思います。

にほんブログ村 ハムスターブログ ゴールデンハムスターへ
にほんブログ村
スポンサーサイト
Twitter
プロフィール

ママハム

  • Author:ママハム


  • ★当サイトに関係ないコメントは予告なく削除いたします
ママハム的お買い物
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ
カテゴリー
天気予報


-天気予報コム- -FC2-

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブログ内検索
RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。